タケシさんに ちょうせん なんて 10000こうねん はやいんだよ! キクコとは ... ではあるのだが、初代はゴーストタイプはゲンガー系統のみであり、雰囲気的に合いそうだと思ったのかゴルバットとアーボックが手持ちにいる為、 実質どくタイプの使い手とも言える。 (同様に金銀のワタル� 戦闘後 おまえ なかなか やるな! 【至急】500枚初代ポケモンチャンピオンライバルのセリフ四天王ワタルと戦ったあと、チャンピオンのライバルと戦いますが、 その前にライバルが「分かった教えてやる」みたいなことを言うと思うんですけど、その会話を最初から最後まですべて教えて下さい! 『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』の主人公、およびそのリメイク版『ファイアレッド・リーフグリーン』の男の子主人公。 『金・銀』以降にもコンスタントに登場する、伝説の凄腕ポケモントレーナー。 初代当時はデフォルトネームがバージョンごとに異なっていた(後述)。 固有名詞としての「レッド」は当時の各種メディアミックスや『金・銀』以降で付けられたもの。 また、同時期のメディアミックスでは「サトシ」が用いられることも多かった。 モデルはMOTHERシリーズの主人公(ニ … ポケモン初代に登場するすべてのポケモンの種族値、特性、おぼえるワザ、入手方法などを紹介してます。 「ポケモン図鑑 - 図鑑番号順」で表示しています。 ポケットモンスター 赤緑青ピカチュウ(初代)の町・道路・ダンジョンの一覧ページです。各ページにはマップ・出現するポケモン・入手できるアイテムなどのデータを掲載しています。 街 道路 … ポケモン剣盾風セリフ枠 作者名: blueberry 閲覧数: 4,026 ダウンロード数: 983 利用作品数: 194 ポケットモンスターソード&シールドのデザインを意識したナナメ線とチェック模様を使った素材です。 ロケット団ひみつ帝国』が、InterFMとアニメイトTV、あにてれ、キッズステーションのWEBラジオにて放送されていた。, 2017年11月に行われた佐賀インターナショナルバルーンフェスタで、佐賀県とのコラボレーションを行い、ニャースの気球を飛ばした。山口祥義佐賀県知事も「サガキ」として会見を行った[4]。, この3人衆が代表として登場し、他人のポケモンを強奪しようとしたり、主人公たちの妨害を行ったりする。, サトシのピカチュウがレベル以上の技を使う珍しいポケモンだと認識して[5]、多種多様なメカを使って執拗に彼のピカチュウを強引に捕獲しようとする。そのメカの費用を捻出するため生活を切り詰めており、毎日野宿し、空腹をポケモンフーズでしのぐなど悲惨な生活を続けていた[6]。しかし後にアルバイトで生活費を稼ぎ、一定の生活をキープするようになる。その時点ですでに「本業のために副業で稼ぐ」という手段が目的と化している矛盾点があるのだが、本人たちはまるで気づいていなかったようでむしろそれを生きがいにしている面すら見られた。BW以降はそれらの描写はなくなっており、XYでは支給品と思われるメカ[7]を使用している[8]。, 移動は主にニャースの顔の形をした気球を使用するが、その気球が壊れた際には代わりにソーナンス型など別の気球を使用する。BW第2話では「R」の印が描かれた気球を使用している。BW26話以降は小型のジェット機のようなものを背負って移動している。BW2Nでは、再び移動手段にニャース気球を使っているが、ゴンドラが新規のものになっており、従来の抹茶色から紫色になりジェット機がついているほか、気球部分にあった右手と尻尾がなくなっている。XY[9]でもデザインが改められ、気球部分に以前とは異なる形の両手と尻尾が付加され、継ぎ接ぎのような模様が見られる。また、ゴンドラの両側にはプロペラがついている。オレンジ諸島編などでは海や水中の移動にコイキング型の人力潜水艇[10]を使っていた。DAでは青筋のバスラオ型のものを使用している。XYではコイキング型に戻ったが、ニャース型気球同様、細部が変更されている。, SM編においては、サトシが従来のジム戦を目指して旅をするスタイルからスクールライフで学校に通うというスタイルに変更された為、サトシやピカチュウを追いかける必要性が無くなった。キテルグマの住処である木の穴の中での大量の木の実や食糧が豊富であるためにアローラ地方上陸当初は本来の任務を忘れ、怠惰な日々を過ごしていたが、サカキから本部にアローラ地方での活動内容の報告書が送られて来ていないという事を指摘されて活動を再開し、現在ではアローラ地方での活動拠点として上記のキテルグマの住処の木の穴を拡張し、秘密基地としてそこで生活している。人力潜水艇はハギギシリ型を使用したが、ダダリンに壊された上に住処として強奪されてしまった。また悪事を働く時以外は資金活動のためキテルグマを模した車と衣装を用いてハニーミツドーナツの移動販売を行うようになった。アローラリーグの表彰式の際にはポケモン大量ゲットのため、巨大なメカを作るが突如現れたアクジキングに戦いを仕掛けるも全く通じず、そこへ駆けつけたキテルグマにいつも通りに連行されるのを恐れたロケット団は隙を見て逃げ出そうとするが、ヌイコグマを守りつつアクジキングに苦戦するキテルグマの姿を見て見捨てることができずに助けている。, 元々この3人はヤマトやコサブロウのように優秀なエリート候補団員出身であり、物語初期では他の団員を指揮したりボスであるサカキから直接に命令が下されたりするような立場にあった。しかしサトシたちに出会って以降失敗の連続であったため、いつの間にかサカキに存在を忘れられるほどの下っ端になってしまう。また、金銀編で本人たちの知らない間にロケット団を強制的に辞めさせられていたこともあったが、そのことを知った直後に再入団を果たしている。, サトシたちに負けて吹き飛ばされる際の「やな感じ〜!」という台詞に関しては、担当声優のムサシ役の林原・コジロウ役の三木・ニャース役の犬山によるアドリブである[11]。また1話のうちに何度も吹っ飛ばされて何度も登場する場合、1回目は「うっそだ〜!」や「いきなりやな感じ〜!」と言うことが多い。宇宙空間まで吹っ飛んだこともあった。劇場版や一部のエピソードではこの3人の「いい感じ〜!」という台詞で締め括られることがある。また、ソーナンスの場合は、サトシたちにやられて吹き飛ばされる際に「やな感じ〜!」と同時に「ソォーナンス!」という台詞が出てくるシーンも見られる。また、SM編では吹っ飛ばされず、キテルグマに連れ去られて「何この感じ〜! このオーキド博士のセリフの中に、見逃すことのできない重要な言葉があります。 by:テレビアニメ|ポケットモンスター ポケモンピカブイでは初代作品と同じテキストが使われている場面がいつくかありますが、ライバル関連は新規のものになっています。 サカキ曰く「いつの世もポケモンのブームの最前線に立ち、暗躍していたのは我々密猟密売組織ロケット団」。 ... また、初代から3 ... 逆にサトシ達や悪役にセリフを遮られたり無視した際は怒ったりする。 !と言うようになった。無印初期やBW編等のソーナンスが登場しない回ではこの部分は無し), CD2枚組。DISC 1 "ラジオドラマ「ミュウツーの誕生」"に、ロケット団についてのエピソードがある。. by:テレビアニメ|ポケットモンスター ポケモンピカブイでは初代作品と同じテキストが使われている場面がいつくかありますが、ライバル関連は新規のものになっています。 この記事では殿堂入り後、オーキド博士がチャンピオンに対して言う言葉の差をまとめていきます。 初代ポケモンとは任天堂が1996年にゲームボーイで発売したロールプレイングゲームです。赤・緑バージョンの同時発売、ソフトによって入手できるポケモンが違う、通信交換・通信対戦が可能なゲームは、当時としては画期的で小中学生を中心に爆発的にヒットしました。 キクコ ポケモン セリフ. タケシさん ほどじゃ ないけどな ピカチュウ. ポケモン金銀(hgss)あるある⑤新しいタイプに感動. ?」と言うのが定番となった[12]。, サトシたちやゲストキャラクターにやられてばかりだが、ムサシとコジロウのバトルの実力やポケモンたちの実力は低いわけではなく、回数は少ないもののゲストキャラクターを打ち負かすことやサトシたちと互角に戦うこともある。BW以降は新しい地方に着いたばかりのサトシやサトシと出会ったばかりの仲間達を一方的に追い詰めた回もある[13]。自分たちが悪であることを認めているが、悪としてのプライドを持っており、ロケット団以外の悪の存在を許さない面もあり(ニャース曰く、「ニャーたちは正義の悪であって、悪の悪じゃないのニャ。」)、信念を曲げないという意味ではサトシと似通った点がある。サトシと同様に他の悪の秘密結社(マグマ団・アクア団・ギンガ団・プラズマ団・フレア団)のボスが部下を見限り、自分勝手な事で世界を破壊することに対してはサトシ同様に怒りを露にする。SM編でも、ザオボーがニャースに目をつけ、彼の部下となるが、ウルトラビーストに対するリーリエの過去の記憶を消そうとリーリエを連れてくる事を命令され、その際にスリーパーのさいみんじゅつで過去の記憶を消すことができると話された際には記憶を消すことに関して怒りを露にし、途中で帰ってしまう事もあるなど、当初からザオボーに対しても嫌悪感を抱いていた。 我ハココニ在リ』でもサトシと対面しているが、ラストでミュウツー捕獲作戦に関する全体的な記憶を消されている。, 間違えられる名前は「タンバ博士」「ゾンバ博士」「ナンゾ博士」「サンバ博士」「ズンバ博士」「ドンバ博士」「キンバ博士」など。, 同じロケット団でありながら、ムサシとコジロウとは会えばほとんどポケモンバトルに発展するほど。, タケシとコジロウが間違えて呼んだとき「だからコサンジ!しかもハモって呼ぶな!」と怒っていた。, チェーン店はシンオウ地方に11店舗出店しており、1日に1000食を売り上げる人気である。, 実際はロケット団が用意したメカのピカチュウ。本物と違い「ヒカチュウ」と鳴く。ムサシ達も鳴くまでメカの方だと気づいておらず、ルカリオとエースバーンの方も本物がサトシ達と一緒にいるまで気づいていなかった。, 佐賀県知事も“ロケットだんの サガキ”に改名!? ・シリーズを通して度々現れ、販売用アイテム「きんのたま」をくれる親切なNPCなのだが、シモネタと取れるこの発言が様々な意味で子どもたちの記憶に残り続けている。, ・概ね戦闘の最後に吹き飛ばされたりなどで退場する瞬間に遣われるセリフで、コジロウ・ムサシ・ニャースが揃って唱える「コミカルな悪役」を印象づける言葉。, ・「やな感じ」の対義語として「いい感じ」を使う場合もあり、戦闘以外での日常会話、ちょっとしたシーンでよく使われる。, ・ワタルがポケモンに人を攻撃するよう指示したときの言葉で、相手がロケット団とは言え人間に向けて、場所も民家の中ということで衝撃的なシーンとしてよく話題に登る。, ・ヒロイン・カスミがサトシへの好意の有無でからかわれた時に、ロケット団が吹き飛ばされたままの姿勢で横槍を入れたシーン。, ・この後ニャースに「どっちにしろおみゃーらはラブラブとは無縁だにゃ」と更にツッコミを受けるボケの一幕となっている。, ・あるバトルを終えてからポケナビでダイゴの自己紹介文を見ると文章が変化しており、その変化後のセリフが「結局僕が一番強くて凄いんだよね」。, ・シリーズが変わっても「一番強くて凄い僕達が組めば」というセリフもあり、別のNPCがネタとしてこのセリフを喋るなどのサプライズも存在する。, ・主人公がロケット団の衣装をまとって街を歩くときだけにNPCから掛けられる言葉の一つで、この発言をした老紳士NPCの言い回しが人気を集めた。, ・逆にロケット団のままでも態度を変えないNPCや、セリフは変わるがある程度の理解を示すNPCなどに感心するシチュエーションでも有る。, ・人生やバトルをギャンブルに例える言い回しをする勝負師らしい言動が多い伊達男で、発言はどれも非常に現実的でハッキリした価値観を感じさせるものとなっている。, ・明確な美的意識を元にバトルに望む姿勢が「言い訳がましくなく、諭すこともしない」心に残るセリフを強調する。, ・野生ポケモン相手でバトルを強制終了させることが出来る「にげる」だが、戦闘開始したNPC戦では使用不可になっており、セーブもしておらず手持ちポケモンたちも満身創痍の状態でライバル戦に突入するなど、初めてNPC相手に「にげる」を選択したタイミングによってはプレイヤーを絶望が襲う。, ・漫画「ポケットモンスター(旧・ふしぎポケモン ピッピ)」より、主人公・ピッピの断末魔。, ・ずる賢く調子に乗りやすい性格のピッピが毎回様々な騒動を巻き起こし、最終的にピッピ自身が割を食うことで収束する。その際は概ねピッピ自身が何らかの物理的ダメージを受け、その時の断末魔が「ぎえピー!」。, ・別漫画作品に引用されネットスラングとしても浸透し、元ネタがピッピであることを知らずに使用する人もいるほど有名。, ・ゲームBWにて、プラズマ団がムンナを蹴り飛ばした際に主人公の幼馴染・ベルが発したセリフ。, ・普段は温厚でおとなしい少女・ベルが、プラズマ団の非道を目にしてたまらず叫んだ悲痛なシーンでありながら、ファンの間ではギャグ的に使用される事が多い。, ・アニメXYのED映像にて、DS形状のタウンマップにニコニコ動画風のコメントが流れるシーンが有り、そのコメントに「やめたげてよォ」というコメントがあった。, 【悲報】ポケモンのアニメ視聴率、まじっく快斗に負けるwwwww:オタクライフハック, 【悲報】ポケモンのレーティング使用率でガブリアスがギルガルドを抜いて1位になりました。, 【最強キャラBest65】テニスの王子様中学生キャラ強さランキング(ネタバレ注意). 初代でライバルに負けたときの没セリフは中々酷い 21: VIPがお送りします 2014/02/23 06:51:24 ID:b4LZuu2k0 初代ボツセリフでポケモンタワーで負けると ポケモンの進化完了までの言葉を教えてください!おやっ、 のようすがおかしいぞ…みたいなやつです 「・・・おや!? のようすが・・・!」「おめでとう! は にしんかした!」進化キャンセルした場合「 のへんかがとまった」 グリーン(ポケモン)がイラスト付きでわかる! ゲーム『ポケットモンスター』シリーズの初代ライバル。 「この おれさまが! せかいで いちばん! つよいって こと なんだよ!」 曖昧さ回避 この項ではポケットモンスターシリーズ>ポケモンのグリーンについて述べる。 『ポケットモンスター 赤・緑』(ポケットモンスター あか・みどり)は、1996年(平成8年)2月27日に任天堂から発売されたゲームボーイ用ロールプレイングゲーム 『ポケットモンスター 赤』と『ポケットモンスター 緑』の総称である。 ロケット団(ロケットだん、Team Rocket、R団)は、アニメ『ポケットモンスターシリーズ』に登場する架空の犯罪組織。, 基本的な設定はゲームに準じたものとなっているが、組織の実像がより詳細かつ巨大な規模で描かれており、犯罪組織であることを隠して表の世界の幅広い分野に進出している。現在のボスはサカキ。創始者はサカキの母親とされる。, サカキ曰く「いつの世もポケモンのブームの最前線に立ち、暗躍していたのは我々密猟密売組織ロケット団」。目的は「珍しいポケモンや強いポケモンを集めて最強のポケモン軍団を作り、世界征服をする」とされており[1]、各地でポケモンの強奪・洗脳・強化を行っている。ただし世界征服のための破壊活動は行うが、世界そのものを破壊するつもりはない。そのため、イッシュ地方での「オペレーション・テンペスト」でサカキが暴走してイッシュ地方をそのものを破壊しようとした時にはムサシ・コジロウ・ニャースがサカキを制止している。, ポケモンが関係する産業であればどこでも裏で一枚噛んでいるらしく[2]、絶大な資金力があり、大規模な活動拠点が各地に存在している[3]。新技術の開発にも積極的で、多くの優秀な科学者たちを擁している。また、新人ロケット団員を育成する施設として「ロケット団特別訓練所」があり、教官(バイパー)が存在する。その実体はマフィアそのものであり、団員が逮捕されても組織からの保釈金を受けすぐに釈放されている。, ボスであるサカキに対する団員の忠誠心は一部の者を除いて極めて高い。また、犯罪組織でありながら団員の福利厚生に関しては充実しており、ロケット団所有の保養所も存在している。さらに団員の給料の前借りも認められており、組織を脱退しラーメン屋になった者もいる。「ボスを囲む会」や「お花屋敷のティーパーティー」等が催されるなど組織内交流も盛んである。, 主な活動拠点はカントー地方とジョウト地方であり、ホウエン地方、シンオウ地方、カロス地方、アローラ地方では積極的に活動していない模様。イッシュ地方でもあまり勢力は広めていないものの、ゼーゲル博士を初めとする一部の団員はイッシュ地方に滞在し、秘密裏に活動を行っている。, ロケット団員の任務は直属の上司に設定され、ロケット団が経営する様々な施設(働いている者もロケット団員)で秘密裏に受理される。作中ではヤマトとコサブロウが、ロケット団所属のファーストフード店で食材の中に仕込まれた指令ディスクを受け取っている。BWでもムサシ、コジロウ、ニャースが、喫茶店で秘密のメニューを注文して指令を受け取っている。また、団員には団員証が支給されており、組織のホストコンピュータにアクセスするのに使用される。, ロケット団員の制服は原作のゲーム版と同じだが、一部の団員はそれとは異なる制服を着用しており、階級や立場などがそれで区別されている模様。特別編『ライコウ雷の伝説』で登場したバショウ、ブソン、タツミ、バイパー教官など、幹部クラスは基本的にグレーと紺の制服を身にまとっている。また、BWからはロゴが変更された(制服や一部の物などにおいては変更後も旧ロゴのままである)。BWではムサシ・コジロウ・サカキの衣装が変更されていたが、ムサシ、コジロウに関してはBW23話より元の白い制服に戻った。, 2012年7月から2012年12月よりロケット団初のラジオ番組『Pokémon Radio Show! セリフ 戦闘前 まちなー! こどもが なんの ようだ! ポケモン各作品では、最初の町に「かがくの ちからって すげー!」というセリフを言うおじさんがいる。ポケモンサン・ムーンでは最初の町ではなく、1番道路に「かがくの ちからって すげー!」と言う人 … ポケモンgoのロケット団のしたっぱが使うセリフと、セリフ毎の手持ちポケモンを一覧にしています。セリフによってどんなポケモンを使ってくるのかが気になる人はこの記事を参考にお使い下 … ポケモンgoのロケット団のしたっぱが使うセリフと、セリフ毎の手持ちポケモンを一覧にしています。セリフによってどんなポケモンを使ってくるのかが気になる人はこの記事を参考にお使い下さい。 佐賀バルーンフェスタにニャース気球が襲来!, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ロケット団_(アニメポケットモンスター)&oldid=80868756, 第2期(シーズン2)(BW2):エピソードN(BW2N)、デコロラアドベンチャー(DA), ムサシ 「銀河を駆ける ロケット団の二人には」(無印編の後期から少し間を空いている), ソーナンス「ソォーナンス!」(AG編からはソォ〜ナンス〜! ポケモンをプレイして胸打たれたセリフやネタ的な意味で印象に残るセリフは多いだろう。ゲームだけではなくアニメや漫画などの他の媒体でも強烈に記憶に残るセリフは多い。 皆さんは、初代ポケモンに存在する 喋る椅子 をご存知でしょうか。 サファリゾーンには 話しかける(≒aボタンを押す)と喋り出す意味不明な謎の思念体が存在するのです。 それもひとつではありません。 左から順に、それぞれエリア1、エリア2、エリア3の憩いの小屋内です。 この時、彼とレッドの交流があるかと思われるセリフ ... 就任までの彼が描かれている。久しぶりに初代 準拠の服装。レッドと異なり序盤から主人公たちと関わる。彼のテーマ曲もしっかり収録。 出会いがしら早々「最強のおれ」とのたまうなど相変わらずの自信家だが、良き兄貴分として主� 金銀であくタイプとはがねタイプが追加されました。 初代ではエスパータイプが最強だと思ってましたが、あくタイプの登場によってそれも崩れ始めまし … フーディン などのエスパータイプで対抗するべし。 墓石が大量に置かれた部屋、 ポケモンタワー のBGM、更には魔女を思わせるようなイメージにピッタリな ゴーストタイプ の使い手…… 2011/5/3カンナ:無印第99話「してんのうカンナ!こおりのたたかい! ヤナギ『ポケモンも ひとも いきていると いろいろ ある わたしも いろいろ つらいことを あじわった じんせいの せんぱい として それを おしえて やろう きみが うまれるまえから ポケモンと いっしょに いる おいそれと まけたりは せん ポケモンシリーズでは最初の町に必ず「かがくの ちからって すげー!」というセリフを言うおじさんがいる。ポケモンソード・シールドでも最初の町であるハロンタウンにおじさんはしっかり登場する。 初代 … ?」という変則的なパターンとなった。その回以外にも一部の回で従来の台詞で飛ばされることもある。また、いずれかのエピソードでサトシ達やゲストキャラクターを含むアローラ地方の人々が呆然したり何があったのかは感づかれていないというのも定番となっている。, ただし、コジロウのチリーンやサボネア、ムサシのドクケイルなどのようにポケモン達の幸せを願って手持ちから外したり預けたり別れる場合もある。, 「ルージュラのクリスマス」では「ロケット団も人の子だったのね」とカスミに言われている, ロケット団も回によって助けてもらっても危機が去ればすぐに敵に戻るなど恩を仇で返したこともある, 従来のキャラに戻った、XY以降のシリーズでもサトシたち一行と絡まない話や一切登場しない話は存在している。登場してもサトシたち一行と絡まない話に関してはDP以前のシリーズでも存在する。, しかし、目立ちたいばかりに潜入中の身にも拘わらずジュンサーの前で名乗りを上げた結果、イッシュ地方全域で指名手配されたり、, 第4世代以前のポケモンの再登場が解禁された第2期以降も降り立った地方のポケモンを主に使用しており、ソーナンス以外の過去の手持ちポケモンは一切登場しない。, 放送当初はこのように宣伝されていたが、謎の集団=プラズマ団が初登場する話が未放送となったため、この目的は, 主な例としては、サトシなど相手の発言に合わせて出だしの部分や、5代目の四文字熟語がストーリーによって変更される点などが挙げられる。, サントアンヌ号にポケモントレーナーたちを招待し、そのポケモンたちを強奪するというもの。この作戦はサトシたちに阻止され失敗に終わり、サントアンヌの号の沈没事故を招いただけだった。, 『ミュウツー! 初代ポケモンのポケモンリーグでのライバルのセリフがカッコよすぎる 1 : 以下、転載禁止でVIPがお送りします :2014/08/26(火) 02:18:44.81 ID:xAmRM7Mc0 よおーッ! 初代(最初期)→ポケモン は全部で151匹いることを発表した人 現在→ポケモンにはタイプとタイプ相性があることを発見、提唱した人 の認識であってる? 312 ななしのよっしん. ポケモンリーグ真のパワーはまだまだ…!こんなものじゃないわよ! VSシバ: 発言者: 発言内容: シバ戦闘前: 俺は四天王のシバ!人もポケモンも戦い鍛えればどこまでも強くなる!俺はそんなきたえぬかれた格闘ポケモンたちと共に生きてきた! レッド(ポケモン)がイラスト付きでわかる! ゲーム『ポケットモンスター』シリーズの初代主人公。 「…ぼくも もう いかなきゃ!」 曖昧さ回避 本項ではポケモンシリーズに登場するポケモントレーナーのレッド、及び派生作品のレッドについて記述する。 ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ、およびそのリメイク版ファイアレッド・リーフグリーンの登場人物。 『金・銀』以降にもコンスタントに登場する、レッドの親友にして最大のライバル。 初代当時はデフォルトネームがバージョンごとに異なっていた(後述)。 固有名詞としての「グリーン」は当時の各種メディアミックスや『金・銀』以降で付けられたもの。 また、同時期のメディアミックスでは「シゲル」が用いられることもあった。 なお、海外では『緑』が『Blue Version』として発売さ … 初代ポケモンのポケモンリーグでのライバルのセリフがカッコよすぎる 1 : 以下、転載禁止でVIPがお送りします :2014/08/26(火) 02:18:44.81 ID:xAmRM7Mc0 よおーッ! ポケモン初代に登場するすべてのポケモンの種族値、特性、おぼえるワザ、入手方法などを紹介してます。 「ポケモン図鑑 - 図鑑番号順」で表示しています。 ヤナギ『ポケモンも ひとも いきていると いろいろ ある わたしも いろいろ つらいことを あじわった じんせいの せんぱい として それを おしえて やろう きみが うまれるまえから ポケモンと いっしょに いる おいそれと まけたりは せん ポケモンの能力判定に、 必要なキャラクター、 「ジャッジ」! ジャッジがいる場所と、 能力判定別セリフ一覧を、 まとめてみた! ポケモン生産&厳選に、 是非役立てて欲しい! スポンサードリンク この記事の目次1 関連記事・・・ ポケモン剣盾風セリフ枠 作者名: blueberry 閲覧数: 4,026 ダウンロード数: 983 利用作品数: 194 ポケットモンスターソード&シールドのデザインを意識したナナメ線とチェック模様を使った素材です。 フェスサークルの占い屋で追加される「あいさつ・セリフ」を地方別に一覧表にまとめたページです。ポケモンの館10種、各地方別に16種。過去のポケモンシリーズから選ばれた懐かしいセリフ、面白いセリフ … ライバルのセリフのテキストデータはゲームを攻略してライバルとで出会う順番・・・ではなく、 連続して入っているわけでもありません。ただし一つのバトルごとに固まって入っています。 初めてライバルとオーキド研究所で戦うときは勝っても負けてもストーリーは進み、 勝ったときと負 ポケモンシリーズでは最初の町に必ず「かがくの ちからって すげー!」というセリフを言うおじさんがいる。ポケモンソード・シールドでも最初の町であるハロンタウンにおじさんはしっかり登場する。 初代 … そのため、本来は職業柄敵対するはずのハンサムやサトシ達を助けた。サトシ絡みの回は正義と悪ということもあり、悪事の限りを尽くすことが多いものの、サトシたちとあまり絡まない回では悪事を働くことはほとんどない(正確には他の悪と敵対する、もしくは悪事を働くつもりが結果的に逆に感謝されるなど)。, 同じロケット団でもヤマトたちにはかなりのライバル心を持っており(特にムサシ)、ヤマトたちの作戦には上層部や多くの団員が絡んでいても妨害し、何度も失敗に追い込んでいる。また、同じくヤマトたちの作戦を止めようとするサトシたちに協力したこともあった。, よく喧嘩はするものの非常に仲間思いであり、オレンジ諸島編ではニャースのためにへそくりや宝を投げ出したこともある。面倒見もいいようで、モンドや、ロケット団を辞めてシンオウのラーメン店で大成功したユウサクといった後輩たちからは慕われている。, 強いポケモンや珍しいポケモン、サトシのピカチュウを欲しがってはいるものの、サトシと同様に自分たちのポケモンに対してはかなりの愛情を持っており、バトルなどに負けてもそのポケモンを切り捨てたり、辛く当たるといったことはしない。ムサシが交換しそうになる場面(バケッチャ)や強制的に交換された(ベロリンガとソーナンスを除く)事もあるが基本的にはサトシ同様、人との交換はしない[14]。コジロウが無印編でサントアンヌ号で金のモンスターボール付きのコイキング売りのオヤジに騙された時は、沈没して漂流状態で食べ物も数日たべていないという空腹状態もありコイキングを食糧にしようとした。しかし、カスミがコイキングは鱗も薄く、骨しか無いため食糧にはならないと言った際に「弱いくせに食べ物にもならんとは」と激怒し、怒りのあまり蹴飛ばして海に捨てた。それが元でコイキングがギャラドスに進化し、手のひらを返して主人だと諭すが、ギャラドスの怒りは収まらず、一緒にその場で漂流の身になっていたサトシ一行諸ともたつまきで飛ばされるという事態になった。またコイキング売りの親父からものすごいいい香りを出すウツドンと交換を持ちかけられた時はコジロウのウツボットを本人が交換を拒否するも強引に交換させたりした。自分たち以外のポケモンでも、サトシのピカチュウがマチスとユウジのライチュウにやられた時は、いつもやられているピカチュウが敗れたことに自分らの立場に複雑に思うも、マチスと再戦のときは応援団に扮して応援したり、いずれもリベンジを果たした時は喜んだりした。また同じくリザフィックバレーで他のリザードンに太刀打ちできず挫折を受けたサトシのリザードンを鼓舞激励して(ニャース曰く泣きながら、「強くなりたい!強くなりたい!世界で一番強くなりたい!」)、苦手な水の中でうとうとして眠くなりそうな際は石を投げて眠るのを阻止して、水の中で一晩中立ち続けさせ、自ら憎まれ役を買って出て、門を破壊させるふりをして自ら制作したメカを目的以外に使用し、かえんほうしゃを浴びさせ、定番のオチを受けたりした。またヒコザルに対しても、シンジから虐待同然の扱いを受けていたヒコザルに同情し(ニャース曰く「悪夢のような日々」)、失敗はしたものの純粋にヒコザルを救済しようとしその後もヒコザルのことは気にかけている。ニャースはヒコザルに対し、「オミャーはいいにゃー。やれピカチュウゲットだ、幹部昇進だと悩む事もなく、腹が減って一日中木のみを探さなくていい」と話し、「過去を捨てて今を、これからを生きて行くのニャ」と話し、シンジとの未練を断ち切り、シンオウリーグではシンジ戦に念願の勝利を収めた時には、商売そっちのけで応援し、涙を流していた。またサトシやヒカリたちに労りを受けられず、落胆してはぐれていたポッチャマの事情を聞いて同情し(作戦とは別で)サトシたちにポケモンへの接し方について厳しく説教をしている。前述のようにリーグではバイトする傍らサトシの試合を応援することが多く、XY編ではサトシがカロスリーグ準決勝でショータを下し、決勝進出を果たした際には3人とも「もしかして優勝するかも」と話すなど敵として認めている。, サトシたちとは出会って以来敵対関係であり、互いにその事を認識し合うなど基本的に犬猿の仲[15]で回によって今までの恨みを晴らそうとしたこともあるが、彼らに協力することも少なからずあり、オレンジ諸島編ではサトシたちと協力してヤマトとコサブロウを撃退している。また、場合によってはサトシたちに助けを求めたことや利害関係の一致から休戦したこともある。『幻のポケモン ルギア爆誕』では「世界滅亡の危機に正義も悪も無い、目指すは泥棒ができる平和な世界」という理由で、救命ボートを改造したホバークラフトにサトシとピカチュウを乗せて氷の島まで運んだり、『結晶塔の帝王 ENTEI』では塔から落下しかけたサトシをカスミやタケシと一緒に助けたり、「(長年の付き合いという理由で)ロケット団も仲間です」と言ったシーンがあるなど敵として愛着を持っている。それに対してサトシたちはほとんど悪事を働いているところしか見ていないため[16]、彼らが恩返しなどで良いことをしても「いつものロケット団じゃない」と言ったり、事件が発生した時、「三人組」と聞くと彼らを疑い、心配したり応援してもまったく信じなかったり、場合によっては彼らを見捨てたり存在を忘れてたり囮などに利用するなどのぞんざいな扱いをされている[17]などサトシ達一行からは悪人として嫌われている。ただし、カスミが同行していた頃は彼女から協力を申し出たり、「今回ばかりはロケット団に悪いことしたかな」と言うことはあった。PM2で休暇命令を下された時も身分を隠しつつサトシたちに協力している。なお、『水の都の護神 ラティアスとラティオス』以降は登場してもサトシたち一行には関わらないことが多く、ソーナンス以外のムサシやコジロウの手持ちポケモンが登場することはほとんどない[18]。, サトシを「ジャリボーイ」(SM編では「スクールボーイ」とも言う)、マサトは「コジャリボーイ」、カスミ等のヒロインを「ジャリガール」、タケシを「ジャリボーイ大」「ジャリボーイ2号(ゴウもそう呼んでいる)」「ジャリガイ」、シトロンを「発明ジャリボーイ」「ジャリメガネ」、ユリーカを「リトルジャリガール」、と呼び、サトシとヒロイン両方に対し「ジャリンコ」と呼ぶこともある。ただし、AG以降は、サトシ一行で行動しているとき見かけても「ジャリボーイ(たち)」と呼んでいて「ジャリンコ」と呼ぶことが少なくなった。カスミとハルカの2人がいる時に「2人のジャリガール」と言ったことや、DPでハルカが登場した時は「懐かしのジャリガール」、SM編でカスミが登場した時は元祖ジャリガールと呼んでいた。また、ヤマトとコサブロウも「ジャリボーイ」や「ジャリガール」と呼んでいる。DPではサトシとヒカリのライバルキャラにも呼び名がある[19]。XY編ではフレア団のことを「カッコつけ眼鏡団[20]」と呼んだり、トロバのことを「オタクボーイ」、アランのことを「リザードン男」と呼んだりしている。SM編では、ニャースがサトシ達ポケモンスクールの生徒を「ジャリーズ」と呼んでおり、リーリエのことを「シャレオツ帽子のジャリガール」[21]、マオのことを「緑ジャリガール」、スイレンのことを「青ジャリガール」、グラジオのことを「凄腕金髪ジャリトレーナー」[22]、アセロラのことは「おばけガール」と呼んでいるが、ライバルキャラを含めムサシが先に上記の呼び名で言うことが多い。逆にサトシ達からは初期ではムサシとコジロウが名前で呼ばれることもあったが、現在はほとんどの場合「ロケット団」と呼ばれており、ニャースはともかくムサシとコジロウが名前で呼ばれることは少なくなった。, サトシらへの罠はほとんどが落とし穴であるが、その技術はかなりのレベルに達しており、もぐらポケモンのディグダやダグトリオ顔負けといっても過言ではないほどである。金銀編ではつもり貯金で造った全高10メートルはあるであろうメカ・アボタンが完全に入ってしまうほど巨大な落とし穴を短時間で掘り、さらにAGではヤマトとコサブロウの逃走用ヘリの下にも落とし穴を掘っていた。その一方で後述するロケット団の口上ほどではないにせよ落とし穴の罠もサトシらからの仕返しが無い訳ではなく、DPでは逆にサトシらの陽動作戦(わざとピカチュウを捕まえ易い状況にし、ロケット団を誘き寄せるもの)に引っ掛かり、落とし穴に嵌まった事があった。BW以降は、後述に記載されている通り、シリアスな面が増え、コミカルな部分が廃止された為、一時期はなくなっていたが、DAからは従来のDP編以前のコミカルな面が復活したが、ほとんどは現在のXY編において、ポケモンを捕獲してから登場する為、落とし穴を作る機会はほとんどない。, 変装して登場する事が多い割に髪型や髪の色までは誤魔化し切れていないが、サトシたちに見破られる事は少ない。しかしニャースが人間の言葉をしゃべってしまったことでロケット団だと発覚した事もある。ところがやがてニャースが変装して言葉をしゃべっても気付かれないことが多くなった。またムサシやコジロウも無印編ではサトシ達やゲストが彼らの口上にある「何だかんだ」や「何なんだ?」と不思議そうに問いかけたように言われるとつい体が反応してしまい、我慢できずに正体をばらすことがあった。, DP編までは、前シリーズからゲットしたポケモンもムサシやコジロウの手持ちポケモンとして引き続き手持ちに加わっており、サトシらとの戦闘に参加していたが、BW編からはサトシ同様にシリーズが変わる毎にロケット団の本部にカントー地方に生息しない各地方の珍しいポケモンという事で預けられ、手持ちから外れる事が多くなり、ニャース以外はリセットされるようになった。サカキ曰く、イッシュ地方に生息しないポケモンを手持ちに入れるとロケット団の活動に支障が起こる為、長年レギュラーであったソーナンスもBW編では外されたが、DA編の最終回でカントーに戻ってきてイッシュ地方の活動の成果としてサカキに手持ちのポケモンを献上させた際に勝手にボールから登場し、再登場。XY編からはムサシの手持ちとして、そしてレギュラーキャラクターとして復活しており、SM編でも他の手持ちのポケモンは本部に預けられたが、ソーナンスのみ引き続き手持ちとして、レギュラーキャラクターとして登場している。, あくタイプのZクリスタル「アクZ」を所持し、最初はZリングが無くてZワザが使えなかったが、第73話でクチナシから紫のZパワーリングを授けられたと同時にZワザが使えるようになった。さらにムサシはアセロラのミミッキュ(ミミたん)からミミッキュ専用のZクリスタル「ミミッキュZ」を授けられた。ゼンリョクポーズはムサシ達3人(時にはムサシのソーナンスも加えて)で取る。なお、Zパワーリングとクリスタルはコジロウが本部への帰還に伴いSM編最終話でヒドイデに授けている。, Zワザ発動時の掛け声は ムサシ「気持ちだけでも3人一緒!」コジロウ「これが俺たちの!」3人「Zワザだああぁっ!」, 2019年版ではサカキが開発した秘密兵器の「ロケット・ガチャット」を利用して、強力なポケモンを使用するようになった。また、電話ボックスの下にアジトがある。ダイマックスバンドは持っていないものの、ニャースはキョダイマックスが可能な個体であることが判明した。, 3人がそれぞれ持つ過去は文字通り「波瀾万丈」であり、現在に至るまでの経緯についてのエピソードが多数描かれている。普段とは違い大人の悲哀や悪役に徹する故の苦悩が盛り込まれるなど、やや大人向きのテイストになっている。単なる悪役ではない人間味溢れるキャラクターとして描かれるエピソードの数々は人気が高く、公式サイト「ポケモンだいすきクラブ」内に彼らの持ちコーナー「ロケット団だいすきクラブ」が開設されるほど固定ファンが多い。, 吉川兆二によると「ロケット団を、まあ言ってしまえばタイムボカン(の三悪)みたいにしたかった」とのこと[23]。そのため、吉川をはじめとするスタッフは「タイムボカンシリーズ」に強く敬意を示しており、「ロケット団の三人組=欠かしてはいけない存在」としている。初期シリーズ構成を務めた首藤剛志によれば、設定時、アニメ版『さすがの猿飛』に登場するスパイナー高校のコンビ(00893、004989)を意識してキャラを作るようにお願いした、スパイナーのコンビはロケット団の原点のような存在だった[24]、としている。首藤はこのロケット団の三人組を作中の最重要キャラと見做しており、彼らを重点的に描くあまりカスミを軽視してしまったと悔いていた[25]。, BWではこれまでのシリーズとは大幅に立ち回りが異なる。無印シリーズの第2話以降、DPまで毎回登場していたが、BWの第16話以降からは話によっては一切登場しない回が存在するようになり、サトシたち一行と関わる機会は減少した[26]。また、ロケット団のストーリーはサトシたちの旅とは別の視点で描かれることも増えた。, 従来にあったようなコミカルな面はほとんど見られなくなり[27]、無印最初期以上に任務遂行のための冷徹さと非情さを持ち合わせるようになり、警察に囲まれても一切動じることなく平静を保てるなどクールな一面が強調されている。さらにサカキから直接指令を受けて行動し、本部から作戦に使うメカの設計図を転送してもらうなど、ロケット団内での立場も向上している。危険な状況になった場合は煙玉やジェット装置を使って自ら退却しているため、空の彼方へ吹き飛ばされ「やなかんじー」と言う恒例のオチがなくなった[28]。また、ポケモン強奪の際、ピカチュウを予定に入れていない場合は狙うことがなくなり、その際のニャースの妄想も一切行われなくなった。また、イッシュ地方へ来る前に「イッシュ地方に存在しないポケモンを使用すると目立つため作戦に支障が出る」ことからロケット団の本部へ手持ちポケモンを全て預けたため(ニャースを除く)、ソーナンスを初めとした従来の手持ちポケモンは一切登場していない[29]。, イッシュ地方に潜入した目的としては、「メテオナイト」と呼ばれる隕石をエネルギー源として手に入れるためというのが建前だが、サカキの発言によれば、正体不明の謎の集団を誘き出すのも一つの目的のようである[30]。当初はこれまでと変わらず、サトシのピカチュウをはじめとしたポケモンの強奪を画策することもあったものの、基本的にはロケット団としての任務を優先するようになった。BW23話で本部から独自の行動を取るように命じられ、その後は再び珍しいポケモンの奪取が目的となる。BW47話以降はゼーゲル博士と行動を共にし、その指示を受けて行動をするようになった。その過程で新ポケモンのメロエッタの「歌」を必要としており捕獲しようとしていたが、メロエッタがサトシ達と出会い懐いたことで、無理に捕まえるよりも彼らと行動させて穏やかな精神状態にしておいた方が目的の「歌」を得られると判断し、しばらくの間は泳がせておくことにした。作戦が失敗した後、自分たちがずっと追いかけ続けたピカチュウの力を改めて知ったという一言を残し、サカキたちと共にカントー地方へ一時撤収した。, エピソードNでは従来のニャース気球で再びイッシュ地方に降り立ち、「オペレーション・テンペスト」での一件から再びピカチュウを狙ってサトシたちの前に現れる。クールな態度は相変わらずだが、従来と同じくサトシたちと関わるようになり、所々でDP以前のギャグ要素を盛り込んだ発言もしている[31]。戦闘で敗れた際は再び吹っ飛ばされる羽目になり(引き際を間違えなければジェットで退却する)、「やな感じ〜!」「いい感じ〜!」の台詞も復活した。Nのことは「トモダチくん」と呼び、ニャースは彼に苦手意識を持つようになった。活動の過程でプラズマ団のポケモンコントロールマシンに興味を持ち、プラズマ団と度々抗争してマシン及び開発者のアクロマを手中に収めようと目論むも失敗。白の遺跡でのプラズマ団進撃時には、漁夫の利を狙ってマシンとレシラムの奪取を狙ったが、ゲーチスの部下を省みない非道な行いに憤慨し、ハンサムと共にサトシたちに協力してプラズマ団一網打尽に一役買った。, デコロラアドベンチャーではプラズマ団を壊滅させたことにサカキからお褒めの言葉をもらい、さらにサカキに褒めてもらうためピカチュウと珍しいポケモンを強奪しようとする。DPまでのギャグ要素の高いキャラになり、変装することも多くなった。「うっそだ〜!」の台詞や落とし穴、吹っ飛ばされた際のコメントも復活したが、EDでゼーゲル博士からバスラオ型潜水艇の設計図を提供されている様子が描かれたり、作戦に使う仕掛けは上等な物が多いなどロケット団内の立場は相変わらず高いようである。が、バスラオ型潜水艇は従来のコイキング型同様、人力式である。, カントー地方へ帰還し、サカキへの報告を終えた後はBWシリーズで使っていた手持ちポケモンを預け、代わりに再びソーナンスを加えてサトシのピカチュウを追い、カロス地方へ進出する。以後はデコロラアドベンチャー同様、DPまでのようなキャラになるが、サカキと直接連絡を取り合ったり、目的を達成すると欲を張らずに即座に撤退を試みるなど、BWシリーズの立場の高さや有能さを見せることもある。, BW22話までの衣装は原作ゲームや他の団員と同一の黒を基調としたもの(ただし、原作ゲームや他の団員とは異なり、ムサシ、コジロウが着用しているものは白い制服の色違い)だったが、BW23話からは従来の白い制服を着用している。街中で行動する際は制服姿ではなく、黒のコートと帽子にサングラスが基本となっている[32]。その他、SM編ではサトシ同様にムサシとコジロウのキャラクターデザインが若干変更された。恒例の口上については、当初はオリジナルのBGMが使われていたが、白い制服に戻ってからは一部の回を除きDPのBGMになっている。, XY36話でうつしみの洞窟から入り込んだ別世界にいたもう一組のロケット団。本来の世界の本人達とは善悪が逆で、こちらは正義のヒーローである。ラストシーンにて現実世界から迷い込んだロケット団の前に現れた。なお鏡の住人のシトロン曰く、日が暮れると元の世界に戻れないらしいが次の話でオリジナルのロケット団は何事もないように戻ってきている。, カントー編から恒例の登場時の口上があり、大きく変更されたのはAG132話(ホウエン編終盤)と、DP3話、BW2話とBW109話、SM3話の5回。DP92話で原点回帰と称して、一度だけ初期の口上が復活しており、BW2Nからは初期の口上に変更された他SM編でもシリーズ継続中にカントー地方に帰還したとして初期の口上に戻した。ストーリー展開に合わせ、口上の台詞が変更されることもある[33][34]。なおムサシとコジロウのどちらかが不在の場合、ニャースがその部分を担当することがある。また、初代から3代目までの口上で、ジョウト編(金銀編)から登場したソーナンスが、口上の際「ソ〜ナンス!」と被せたり、AGからはチリーンやマネネもソーナンスの後に被せるのがおなじみであった。4代目の口上が使われたBWではデスマスが一度だけその役目を引き継いだ。またAGやBWこそ全くなかったものの、何度か口上をサトシ達に真似された事があるが、DPとXYでは前者はムサシが途中で「真似すんじゃないわよ!」と遮り、後者はコジロウが途中で「押しが弱い」と遮った。それでも、無印編ではイミテの作戦で口上(その時は主人公らしくアレンジを加えて行われた)だけでなく、服装も全て真似される屈辱を味わった。逆にサトシ達や悪役にセリフを遮られたり無視した際は怒ったりする。また彼ら曰く「口上をやらないと気が済まない」らしく追い詰められたり、囲まれた状況下や空気を読まずに堂々と名乗ることがあり、結局捕まったり飛ばされたりしている。なお、1話中で2回以上口上があった時は、2回目以降はニャースが途中で「以下省略ニャー!」と言って口上を切ることがある。また、口上中のBGMは編によって異なり、AG、DP、BWの一部の回では一新したが、BWの一部の回ではDPのBGMが使用され、XY1話からXY&Z102話・107話とSM42話は無印時代の物をアレンジしたものになっている。XY&Z103話から124話[35]は一部の回を除いて「ロケット団 団歌」[36]が使われるようになり、SMからは同曲をアレンジしたものになっている。, この二人もまたムサシ・コジロウと同じくロケット団のエリート候補だったが、ルギアの捕獲やその他様々な命令に失敗し、ムサシたちに次ぐ「ダメ団員」となってしまった。さらにはロケット団の仲間内でムサシに似てきたとまで言われ、かなり気にしていた。能力はムサシたちよりも優秀と言えるが、実はロケット団員養成学校時代は、ムサシたちよりも遅れて試験に合格している。, その後は劇中で描写はないものの、サカキから期待されているようで、様々なメカを与えられたり多数の団員が作戦に協力したりと優遇されている。ただしムサシたちの前口上をもじっているなど、ある種のポリシーやプライドのあるムサシたちに比べて、一本筋の通った物を持っていない。AGまでは口上セリフは同じであり、大きく変更されたのはDP65話である。負けて吹き飛ばされる際は「やな気持ち〜!」と言う。サトシたちからは「ヤマトにコサンジ」と呼ばれている。, ヤマトとコサブロウの口上は上述の通り、ムサシとコジロウの台詞を一部変えてもじったものであり、大きく変更されたのはDP65話の一回のみである。ラストにでてくるポケモンは話によって異なる。, なお、「宇宙を駆けるロケット団の二人には」の部分は、「宇宙を『駆け巡る』ロケット団の二人には」と言う回がある。, 金銀編では一時期メンバーが入れ替わった時にサトシたちとの生活(主に食事)の差を目の当たりにし、ショックで真っ白になっていた。, 通信機になったり網や檻が展開したりと多種多様な使い方が出来るサイコロ状のメカと、ポケモン図鑑やサイコロ状のメカの操作に使用される平たい形状のメカの2種類がある。, ただし、DP以前のように自作のメカを使用することもあり、そのほとんどはコジロウが制作している。, 16話では最初、キテルグマが昼寝していたため通常の「やな感じ~!」となったが、その後飛ばされた先に現れたキテルグマに連れ去られて「何この感じ〜!