index関数. ランキングを抽出するには「数値のランキングの上位や下位を抽出する」をご覧ください。 Excelの関数の中でもよく使用される関数の1つとしてMATCH関数があります。大量のデータが表形式である場合、欲しいデータが表の中でどの位置にあるのかを知りたいときに役立ちます。, 引数が多いので難しいという印象がある関数ですが、初めてMATCH関数を触る人でもわかりやすいように引数を1つずつ分解して解説しています。, MATCH(マッチ)関数は、指定した範囲内で探したい数値や文字列がどの位置にあるかを列・行番号で返す関数です。, MATCH関数を使用することで探したいデータが表の何行目、何列目にあるのかを調べることができます。, MATCH関数は、指定された照合の種類に従って検査範囲内を検索し、検索値と一致する要素の、配列内での相対的な位置を表す数値を返します。, 書式は「=MATCH(検索値, 検索範囲, [照合の種類])」のように記述します。MATCH関数では引数を最大3つ使用します。, ※引数(ひきすう)とは、Excelの関数を使用する際に必要な情報です。関数が結果を返すための判断材料とイメージしましょう。関数名の後の括弧「()」内に入力します。, 1番目の引数は「検索値」です。この引数は必須です。検索したい値またはセル参照を指定します。文字列などの値を指定するときは「"文字列"」のようにダブルクォーテーションで囲います。, 第3引数の照合の種類が「0」の場合、検査値に疑問符(?)やアスタリスク(*)などのワイルドカード文字が使用できます。, 2番目の引数は「検索範囲」です。この引数は必須です。検索するセルの範囲を指定します。, 3番目の引数は「照合の種類」です。この引数は任意です。検索範囲の中から検査値を探す方法として「-1」「0」「1」のいずれかを指定します。省略すると「1」が指定されます。, 実際にMATCH関数を使用する例をご紹介します。引数をどのように使用するか見てみましょう。, まずは上記の表を準備しましょう。今回の目的としてはケーキが何行目にあるのか、売上個数が何列目にあるかを求めるとします。, 検索値としてF2セルを選択します。G2セルに『=MATCH(F2,』と入力されました。, A2セルからA6セルまでをまとめて範囲選択します。G2セルに『=MATCH(F2,A2:A6,』と入力されました。, 照合の種類として、ここでは完全一致の「0」を指定します。G2セルに『=MATCH(F2,A2:A6,0)』と入力し、【Enter】キーを押します。, 指定した範囲(A2:A6)で検索値(ケーキ)の位置が「3」行目とG2セルに表示されました。, 上記と同じように「売上個数」の位置を求めましょう。G3セルに『=MATCH(F3,B1:C1,0)』と入力し、Enterを押します。, 指定した範囲(B1:C1)で検索値(売上個数)の位置が「2」列目とG3セルに表示されました。, MATCH関数はあいまいな検索も可能です。ワイルドカードを使用することで前方一致や部分一致、後方一致などの検索ができます。, 上図でA列より「コ」を含むセルの位置を求めるとします。G4セルを選択し、『=MATCH("*コ*",A2:A6,0)』と入力します。, 文字列の前後に「*」(アスタリスク)を入れることで文字列が含むパターンを探します。, A列で「コ」を含むのが4行目の「チョコレート」でした。正しい位置がG4セルに表示されています。, 検索する文字列の後ろに「*」を付け加えることで前方一致で検索をすることができます。, 上図でA列より「ク」から始まるセルの位置を求めるとします。G5セルを選択し、『=MATCH("ク*",A2:A6,0)』と入力します。, 文字列の後に「*」(アスタリスク)を入れることで文字列の先頭が「ク」であるパターンを探します。, A列で「ク」で始まるのが2行目の「クッキー」でした。正しい位置がG5セルに表示されています。, 上図でA列より「ロ」で終わるセルの位置を求めるとします。G6セルを選択し、『=MATCH("*ロ",A2:A6,0)』と入力します。, 文字列の前に「*」(アスタリスク)を入れることで文字列の最後が「ロ」であるパターンを探します。, A列で「ロ」で終わるのが5行目の「マシュマロ」でした。正しい位置がG6セルに表示されています。, 「?」を使用することで任意の1文字を検索できます。?? 重複をチェックする2列を選択し、「ホーム」タブの「条件付き書式」項目の「セルの強調表示ルール」から「重複する値」を選択します。. エクセルで重複に色を付ける方法を解説。今回の「重複データに色を付ける」は「条件付き書式」と「COUNTIF関数」のコンビネーションによるテクニックを紹介します。Excelでダブりチェックをする方法はいくつかありますが簡単に設定できるのでぜひ挑戦してみましょう。 ①重複するデータを抽出したい表の【セル(例ではB2セル)】を選択し、②【データ】タブ、③【フィルター】の順に選択します。【Ctrl】+【Shift】+【L】のショートカットキー … セルの結合は使うけど、セルの値を結合する事ってありますか?ほとんど使わないので意味が分からないって感じですか?セルA1の値が「trip」でセルB1の値が「bowl」、この2つをくっつけてセルC1に「tripbowl」こんな感じ! エクセルの重複データを抽出する方法を紹介します。重複しているデータとしてないデータのどちらも抽出できます。1 列でも 2 列でも複数の列に対応できます。重複しているデータに色を付けることができます。 1. ExcelのVLOOKUP関数の使い方|指定の列と同じ行にある値を返す Release 2019/09/04 Update 2020/07/15 Excel(エクセル)には400種類以上の関数が存在しますが、その中でもよく利用されるのがVLOOKUP(ブイ・ルックアップ)関数です。 COUNTIF関数を使用することで範囲内に同じデータが2個以上あるかを求めることができます。. 系列の1つを2軸に移動する 4. 検索する値に対応した値を取得するには「LOOKUP 関数」を使用します。 エクセルの VLOOKUP 関数の使い方を紹介します。 VLOOKUP 関数は検索する値に対応した値を指定の列から取得します。 B 列に対応する値を C 列や D 列から取得したいときに使用します。複数条件の指定やエラーを回避する方法も紹介します。 1. 検索値に対する他の列から値を返して表示させるのはvlookup関数でできます。 しかし選択範囲内で検索値が重複してある場合、vlookupでは検索した一番最初の結果しか返してくれませんので、2個目以降の値を返してくることができません。 2つの文字列を比較してくれるexact関数をご紹介いたします。exactとは「正確な」という意味です。 exact(文字列1,文字列2) 2つの文字列を比較し、同じものであればtrue、異なればfalseを返します。 ↓ 簡単動画からご覧ください。 条件付き書式を使って、"a列とb列で値が同じセルに色を付ける"ことが可能です。 ("a列内のどこかに同じ値があった場合b列に色を付ける"場合は「a列内のどこかに同じ値があった場合、b列に色をつける」を参照してください。 2つの範囲から該当する行の値を取り出す方法. エクセルindex関数は、行番号と列番号が交差する位置にあるセルの値を返す関数です。エクセルindex関数には、配列形式とセル範囲形式の2つの使い方があります。 配列形式は、指定した範囲からある値を返します。 COUNTIF関数とIF関数を組みわせることで重複しているデータをチェックする方法をご紹介しています。. エクセルで1、2、3と連続した数値を入力したい場合の複数の対処法をご説明します。フィルハンドルを使って入力する方法や、連続データの定義を決めた上で一気に出力する方法、そして関数を利用することで連続数値を入力することも可能です。 Excel(エクセル)のグラフで第2軸を使用した縦棒グラフを、重ねるのではなく、横に並べて表示する方法です。 通常、縦棒グラフを作成して、第2軸を使用した場合は複数の系列が重なってしまいます。 それぞれの縦棒を横に並べてみましょう。 流れは、 1. lookup関数とは複数のセルから目的の値を探すのに便利な関数です。エクセルの中でも基本的な関数であり、さまざまな作業で活用されています。ここでは「vlookup関数」「hlookup関数」との違いを解説します。エクセルの基本的な内容であり、マスターすれば作業の効率化につながります。 ダミーの凡例を削除する このようになります。 ",A2:A6,0)』と入力します。, 文字列の後ろに「?」を入れることで文字列の先頭が「マ」、任意の3文字であるパターンを探します。, A列で「マ」から始まる4文字のセルが1行目の「マカロン」でした。正しい位置がG7セルに表示されています。, 上記のような表を使用します。今回の目的としてはF2セルとG2セルにある条件1と条件2をともに満たす行が何行目にあるのか求めるとします。, 検索値としてF2セルとG2セルを選択します。「=MATCH(」に続けてH2セルに『F2&G2,』と入力します。, A2セルからA6セルまで、B2セルからB6セルまでをまとめて範囲選択します。「=MATCH(F2&G2,」に続けてH2セルに『A2:A6&B2:B6,』と入力します。, 照合の種類として、ここでは完全一致の「0」を指定します。「=MATCH(F2&G2,A2:A6&B2:B6,」に続けてH2セルに『0)』と入力し、Enterを押します。, 複数の検索値(条件1と条件2)で複数の範囲(A2:A6とB2:B6)に一致した位置が「2」行目とH2セルに表示されました。, MATCH関数とINDEX関数を組み合わせてデータを抽出するやり方をご紹介しています。MATCH関数はINDEX関数と組み合わせることが多いのでぜひやり方を覚えましょう。, MATCH関数を使用していると「#N/A(ノー・アサイン)」エラーが出たり、意図しない結果になったりすることがあります。「#N/A」エラーになるのは関数の書式が違ったり、引数の使い方が間違っていたりすることがほとんどです。, MATCH関数で「#N/A」エラーになる主な例を挙げながらその対処方法を説明していきます。, MATCH関数では検索範囲から検索値を検索します。検索値が検索範囲内にない場合は、「#N/A」エラーが表示されます。, 例えば上記の表で、左側の表からケーキが含まれている行の位置をG2セルに表示するとします。, 検索範囲として「B2:B6」としてしまい「#N/A」エラーが表示されてしまいました。「ケーキ」は指定した検索範囲には含まれていません。, 検索値が検索範囲に含まれるように修正したのが上図です。今度は「A2:A6」を検索範囲とすることでちゃんと検索値も含まれています。, MATCH関数では第3引数の「照合の種類」で「0」を指定すると完全一致で検索します。完全一致するものがない場合、「#N/A」エラーが表示されます。, 例えば上記の表で、左側の表からゼリーが含まれている行の位置をG2セルに表示するとします。, 検索範囲には検索値がないので「#N/A」エラーが表示されます。検索範囲に存在するものを検索値としましょう。, MATCH関数では第3引数の「照合の種類」で「1」を指定した場合、検索値を参照する列は昇順で並び替えておく必要があります。検索値を参照する列が昇順になっていないと正しい結果にならないことがあります。, 例えば上記の表で、左側の表から320の近似値がある行の位置をG4セルに表示するとします。, MATCH関数の後継として新しくXMATCH関数が発表されました。XMATCH関数の基本的な使い方を説明しています。, MATCH関数と組み合わせてよく使われるINDEX関数の基本的な使い方を説明しています。, Office Hackでは、ここでご紹介できなかった関数の一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。, 検査値以下の最大値を検索します。第2引数「検索範囲」を昇順に並び替えておく必要があります。, 検査値以上の最小値を検索します。第2引数「検索範囲」は降順に並び替えておく必要があります。. 都道府県と連番を検索値にすれば、同じ都道府県でも検索値が異なるため、そのすべてが結果に表示できるんです。 a列に都道府県連番となるように=c3&b3で繋げ、下部まで貼り付けます。 抽出結果側にも連番を用意します。 手順③:vlookup関数を組む Excel(エクセル)で、入力した文字や数字に対応した結果を表から検索して表示してくれるLOOKUP関数の使い方です。 LOOKUP関数は、[関数の挿入]画面で選ぶとすぐに、 1. ・A2セルは数字の「1」を入力。. Excel(エクセル)には400種類以上の関数が存在しますが、その中でもよく利用されるのがVLOOKUP(ブイ・ルックアップ)関数です。, 引数が多く、設定方法を忘れてしまいがちな関数ですが、この記事では初めてVLOOKUP関数を触る人に向けて引数を1つずつ分解して解説しております。, 最後に実際に手を動かしながら覚える練習問題も用意しておりますので、ぜひ覚えて効率化を目指しましょう。, VLOOKUP関数のVは「Vertical(垂直、縦)」、LOOKUPは「探す」と言う意味です。垂直に探すと覚えるとイメージしやすいのではないでしょうか。一方、横方向に検索する場合はHLOOKUP(エイチ・ルックアップ)関数を使用し、Hは「Horizon(水平、横)」を意味します。, VLOOKUP関数は、指定した範囲の先頭列を縦方向に検索し、検索条件に一致したデータを検索して取り出してくれる関数です。VLOOKUP関数を使用することで手入力をしていた大量のデータも自動的に入力が可能となります。, VLOOKUP関数が使われるのは以下のようなケースが一般的です。その他の関数と組み合わせることで活用方法は広がります。, 大量のデータの中から、複数の関連した項目をもったデータを抽出するときにVLOOKUP関数は力を発揮します。, VLOOKUP関数は、指定された範囲の1列目で特定の値を検索し、指定した列と同じ行にある値を返します。, 数式としては、何のキーワードで(検索値)、どこを(範囲)、どの列か(列番号)を引数として指定していきます。, VLOOKUP関数では引数を最大4つ使用します。4つもあると多いと感じるかもしれませんが、下記で1つずつ説明していきます。, ※引数(ひきすう)とは、Excelの関数を使用する際に必要な情報です。関数が結果を返すための判断材料とイメージしましょう。関数名の後の括弧「()」内に入力します。, 1番目の引数は「検索値」です。この引数は必須です。検索したい値またはセル参照を指定します。文字列などの値を指定するときは「"文字列"」のようにダブルクォーテーションで囲います。, 検索値は第2引数である「範囲」の左端の列(左から1列目)からのみ検索します。2列目以降や範囲の左側は検索対象としません。, 例えば「B4:D6」のセル範囲から検索する場合、検索値はB列に存在する必要があります。, 検索値は全角文字と半角文字は区別して検索しますが、英字の大文字と小文字は区別しないので注意しましょう。, 2番目の引数は「範囲」です。この引数は必須です。参照する表のセル範囲を指定します。, 指定したセル範囲の左端の列(左から1列目)には、検索値が含まれている必要があります。またセル範囲内に検索する結果の値も含める必要があります。, 例えば検索値がB列にあった場合、「B4:D6」のように範囲の最初の列であるB列を含める必要があります。, また、範囲を絶対参照にしないと数式をコピーした時に範囲がずれてしまいます。絶対参照「$」でセルを固定すると、VLOOKUP関数の数式を他のセルにコピーして使用しても、元のテーブル範囲を変えずに使用することができます。, 3番目の引数は「列番号」です。この引数は必須です。第2引数の「範囲」の左から数えた列の番号を指定します。, 列をアルファベットではなく、数字で指定してください。「範囲」の左端の列が1になり、次の列以降2、3、4・・・となります。, 4番目の引数は「検索の型」です。この引数は任意です。検索値に一致したデータが見つからなかったとき、どのように対応するかを決める引数です。完全一致のデータのみ検索する方法と、一番近いデータを検索する方法の2種類があります。, 実際にVLOOKUP関数を使用する例をご紹介します。引数をどのように使用するか見てみましょう。, まずは上記の表を準備しましょう。数式が入っているのは、「単価」と「個数」を掛け算したG10,G11,G12セルのみです。今回の目的としては商品コードを入力するとその商品コードに紐づいた商品名や単価を表示させるようにしていきます。, 検索値としてC10セルを選択します。D10セルに『=vlookup(C10』と入力されました。, セルB4からD6までのセルをまとめて範囲選択します。選択されている状態で【F4】キーを押します。そうすると「$B$4:$D$6」のように指定されます。「$」は絶対参照と呼ばれます。数式をコピーしてもズレないようにセルを固定することができます。, 列番号として『2』を入力します。列番号には指定した範囲のうち、取り出したい値がある列の番号を指定します。商品名を取り出したいので2列目を指定しています。, D10セルに『=vlookup(C10,$B$4:$D$6,2,FALSE)』と入力されましたので【Enter】キーを押します。, E10セルを選択し、D10セルと同じようにVLOOKUP関数を指定します。『=vlookup(C10,$B$4:$D$6,3)』のように列番号として『3』を入力します。指定したセルB4からD6までの範囲で単価を取り出したいので3列目を指定しています。, D10、E10セルに商品コード「1002」に紐づいている商品名と単価が表示されました。, F10セルに個数を入力すると単価に個数をかけた計算結果がG10セルに反映されました。, 同じようにバナナやみかんを設定した結果になります。VLOOKUP関数を使うことで商品コードを指定すれば決められた商品名と単価が表示されました。, 今回、実践で作成した表を1つの図にまとめました。VLOOKUP関数は引数がたくさんあり最初はとまどうかもしれませんが、この記事でイメージをつけていただき会社や学校でご活用ください。, 以下の記事ではVLOOKUP関数の検索方法として「検索の型」「文字列の検索」「あいまいな検索」「複数検索」の4つの方法を紹介しています。, VLOOKUP関数はあいまいな検索も可能です。記号を利用することにより、任意の文字列を指定することが可能です。, 指定方法が少し手間がかかるワイルドカードを覚えて、一歩進んだVLOOKUP関数マスターになりましょう。, VLOOKUP関数は条件を1つしか指定できませんが、元の表データを加工することで複数条件で検索することが可能です。, VLOOKUP関数を利用する場合、参照元と参照先の2つのテーブルが最低でも必要となります。, VLOOKUP関数の式が入ったセルを他のセルにコピーする際に、列番号だけは固定されたままになってしまいとても不便です。, VLOOKUP関数では範囲指定した一番左の列を検索値の検索範囲とし、2列目以降の値を取得する関数です。, そうとなると一番左側の数値は取得できないこととなります。ある関数を利用すれば再現できますので、その代用方法を以下の記事でお伝えします。, 「#N/A」エラーになるのは関数の書式が違ったり、引数の使い方が間違っていたりすることがほとんどです。その原因と対処方法をチェックしましょう。, 検索した値が見つからないときに「#N/A」エラーが出たり、参照先のセルが空欄だったときに「0」が表示されますが、それを空白に置き換えてすっきりさせましょう。, VLOOKUP関数で取得したリストを、VLOOKUP関数で合計まですることはできません。, 以下の記事で、リスト化された数値を、指定した条件付きで合計する方法をSUMIF関数を使ってお伝えします。, IF関数の条件式の中にVLOOKUP関数を組み合わせると、点数に対する合否判定ができたり、IF関数の判定結果にVLOOKUP関数を組み合わせると、プルダウンの「会員/一般」の選択でそれぞれの価格を取得することが可能です。, IF関数を利用することで関数の式が長くなって難しそうに思えますが、できることが格段に増えますのでぜひチャレンジしてみましょう。, VBAでExcelのVLOOKUP関数のように検索する際、大量のデータを処理をすると実行時間がかかってしまう場合があります。, 実行時間が速くなるVBAの記述をサンプルコードとともに紹介しています。VBAを記述するときにご参考ください。, VLOOKUP関数の後継として新しくXLOOKUP関数が発表されました。XLOOKUP関数の基本的な使い方を説明しています。, LOOKUP関数の基本的な使い方を説明しています。VLOOKUP関数やHLOOKUP関数との違いも比較しています。, Office Hackでは、ここでご紹介できなかった関数の一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。, 在庫管理で商品番号と商品の情報が一覧となっている場合、商品番号を検索してその商品の商品名や価格を取り出す場合, 「FALSE」または「0」と指定すると、検索値と完全一致するデータのみを範囲の中から探します。「FALSE」の場合はデータの並び替えは必要ありません。一致するデータがない場合は「#N/A」が結果として返ってきます。, 「TRUE」または「1」と指定すると、近似値(検索値未満の最大値)を範囲の中から探します。「TRUE」を指定する場合、範囲の左端の列にある「データを昇順で並び替えておかないと正しい結果が返ってこない」ことがあります。. Excelの関数の中でもよく利用されるMATCH関数。初心者の方でもわかりやすいように引数を1つずつ図解で解説しています。また実際の例を使用してどのようにMATCH関数を使うのか基本的な使い方もご紹 … 縦棒グラフを作成する 3. [検査値、検査範囲、対応範囲] 2. エクセルで条件に一致する順位の値を取得する方法を紹介します。 「RANK 関数」で条件に一致する順位を取得できます。 「SMALL 関数」や「LARGE 関数」で条件に一致する順位の値を取得できます。 1. COUNTIF関数で同じデータの個数を数える. a列とb列に入力されているデータで、重複するものを取り出すにはcountif関数を使います。 a列の"各データ"が、b列の"データ範囲"に1つ以上ある場合はその値(a列の値)を取り出す…といった式を作成しま … 検索する値に対応した値を指定の行から取得するには「HLOOKUP 関数」を使用します。 2. 重複データを削除するには「重複データを削除する」をご覧ください。 エクセルの行と列を入れ替える|「簡単な方法」と「連動させる方法」 エクセルと行と列を入れ替えたいときってありますよね! そんなときの方法を2つ紹介します。手作業でカンタンに行う方法と、値を連動させる方法です。 簡単にサクッと! [検査値、配列] のどちらを使用するか選ぶ画面が表示されます。 下の配列を使用する形式は、VLOOKUP関数やHLOOKUP関数を使用する方がよいので説明しません。 簡単に内容だけ説明すると、 VLOOKUP関数やHLOOKUP関数を使用すれば、最後の行や列ではなく、自由に行や列を指定でき … xlookup関数は、範囲または配列を検索し、見つかった最初の一致に対応する項目を返します。vlookup関数とhlookup関数の両方の機能を備え、さらに新しい機能まで追加された新関数です。vlookup関数、hlookup関数の引数は4個でしたが、xlookup関数の引数はなんと6個あります。 条件付き書式を使って重複している値を探す手順. 下記の表(左)は路線毎に駅名を縦に並べたリストですが、右の表のように路線が重複しないよう抽出し、路線毎に駅名を横方向に並べる方法について説明します。. 「重複する値」ウィンドウが表示されるので、そのまま「OK」ボタンをクリックします。. ダミーの列を追加する 2. ?と指定すれば任意の3文字を検索できます。, 上図でA列より「マ」から始まる4文字のセルの位置を求めるとします。G7セルを選択し、『=MATCH("マ??? エクセルの統合を使うと、同じ ... セル操作 2018.5.2 エクセルで重複データを削除!優先するデータをフィルターで残す ... エクセルindex関数とmatch関数で複数条件and(かつ)で値を抽出!複数列 … エクセルVBAでのIndex関数 の使い方を説明します。行と列の指定で簡単にセル値の抽出をすることが出来ます。単純にデータを検索するためだけの使い方ではなく、他の関数との複合ワザで利用するタイプ … ダミー列を選択し、2軸に移動する 5. さらにIF関数を組み合わせることで重複している行に目印を付けることも可能です。. エクセルで重複を抽出し横に並べる方法【同じ文字を横に並べる:横持ちと縦持ちの変換】. ① A、B、C列に計算式を入力していきます。. vlookup関数、iserror関数、if関数を使用すると、2つの範囲から該当する行の値を取り出すことができます。 =vlookup(検索値,範囲,列番号,検索の型) 「検索値」・・・表、あるいは、範囲の左端の列で検索する値を指定します。